脂質異常症ってどんな病気?

脂質異常症は、以前は高脂血症とも言われ血液中のLDL(悪玉)コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が過剰な状態またはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態を言います。
その中でも動脈硬化と関連が深いのがLDLコレステロールですが、脂質異常症を放置すると、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まり、血がドロドロの状態になり、動脈硬化を起しやすくなります。脂質異常症の怖いところは、自覚症状がないため、そのまま進行して血管が詰まってしまうと、心臓で起こった場合は狭心症や心筋梗塞、脳で起こった場合は脳梗塞になり突然死をまねいてしまうこともあるところです。
治療は、常日頃からしっかりと生活習慣や内服薬などで脂質をコントロールし動脈硬化を防ぐことです。
健康診断などで「脂質異常症の疑いがある」と指摘された方は、放置せずに早めに受診してください。

脂質異常症の診断基準値

  コレステロール 数値
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール値 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール値 40mg/dl未満
高トリグリセライド血症
(高中性脂肪血症)
トリグリセライド値
※トリグリセライドは代表的な中性脂肪
150mg/dl以上
診療内容
内科全般
高血圧症
糖尿病
脂質異常症
痛風
漢方治療
禁煙外来
予防接種
往診
自由診療
for mobile
患者の気持ち